成長のヒント

365日毎朝6時、あなたが成長する応援をさせて下さい。

目覚まし時計

成長のヒントとは、あなたの毎日の仕事と日々の生活をより良く変えていくためのヒントを、365日毎日朝6時に配信している無料メールレターです。

「成長のヒントを受け取って1年。本当に成長したなぁと思います。」

そんな喜びの声が、日本全国から続々と集まっています。

毎朝の3秒で、毎日の仕事も日々の生活も大きく変わる。

3分

18歳の防衛大学校1年生の時、私は大きなカベにぶつかっていました。

当時、周りからは「避雷針」と呼ばれ、何をやっても失敗の連続に、何度も雷が落ちる日々。

周りにも迷惑をかけるばかりで、自分の能力不足を痛感し、完全に自分を見失っていました。

目の前には、不安という闇が大きく広がり、それまで生きてきた中での苦しみや不幸を、全て合わせたとしても、この一瞬には到底およばないとさえ思うほどでした。

まさに人生どん底だったその時、ある人にその後の人生を大きく変える、あることを教わりました。

「悩むことはごく当たり前のことだよ。むしろいいことなんだよ。成長できるからね。ただし、問題の全てを一気に解決しようとするのではなく、毎日少しずつ考えて成長することだよ。毎日少しでいいから自分の人生に真剣に向き合うことを心がけなさい。自分でも信じられないほど成長して、きっと道は開けるはずだから。」

さらに、こう続きました。

「いい人生にしたかったら、自分を高めて成長することだよ。自分を高める最良の方法は、自分を高めた先人たちのコトバに、魂から触れることだよ。それには名言集が特にいいよ。」

と、そして薦めてもらったのが「カーネギーの名言集」でした。

人間関係の達人デール・カーネギーが集めた、世界中の偉人たちの名言名句。それが「カーネギー名言集」。

夕食とお風呂を合わせて10分もない時があるほど、超ハードスケジュールの中、その本を開いたとき、あるコトバが目に入ってきました。

それが・・・

「最悪だと思っている時は、まだ最悪な時ではない」

でした。

そのコトバで、自分はまだまだ最悪な時ではない、と頑張ることができました。

それからというもの数々のコトバは、私の乾ききった心と魂に染み込んでいき、 なんとか防大1年生のハードな時期を乗り切ることができました。

それからというもの、名言が大好きになり、 出会った先輩たちやメンターたちから教わっているとき、魂に響いたコトバをメモすることが習慣となっていました。

それはまさに、私の成長の原点の1つです。

私は日々のコンサルティングの現場で、お伝えしたことをまとめたものを「成長のヒント」としてプレゼントしていました。

それが大変、好評で、もっと欲しいとの要望をたくさん頂きました。

そこで、どんな立場の方、どんなお仕事をしている方にも当てはまるようにした 、働き方や生き方の「成長のヒント」を無料メールレターとして、あなたに365日、毎朝6時に無料で届けることにしました。

「メルマガ」ではなく「メールレター」としたのは、大切な人への手紙みたいな気持ちで送りたいと思ったからです。

あなたへのお気持ちを込めて、毎朝応援させていただきます。
そのため、もしよろしければご登録の際は、ぜひあなたのご本名の苗字、お名前のどちらかでご登録いただけましたら幸いです。

お問い合わせ無料メールレター「成長のヒント」

※そのお名前で、気持ちを込めてお送りいたします。

プライバシーポリシーに同意の上、お問い合わせください。

みなさまからのご質問みなさまからのご質問

Q.1

毎日、成長のヒントをいただきますが、
どのように書いてらっしゃるのでしょうか?

小田真嘉のメールレター「成長のヒント」にご興味を持って頂き、ありがとうございます。

実は、たくさん頂くご質問です。

基本的には、

  • その日、相談にのった方にお伝えしたポイント
  • もう1回、ご本人に追加でお伝えするとしたら、何を伝えるか?
  • 今日、コンサルティングの現場で感じたこと
  • 私自身のその日の気づきや学び

などをその日の夜に、一日を振り返って「成長のヒント」としてまとめ、次の日の朝に予約配信しています。

(出張などが続く場合は、もっと先まで事前に予約配信している場合もありますが、できる限りフレッシュなものを、お届けしようと心がけています。)

日々、さまざまな業種業態の新入社員から幹部リーダーまでいろいろな立場の方とお話しているので、ときどき、キツ目の「成長のヒント」が届くときがあると思います。

ですので「成長のヒント」のオススメの活用法は、朝に届いた内容をじっくり理解して全部、受け止めるようとするよりも、さささーっと読んで自分の中で直感的に“パッ!と、感じたこと”をその日、一日の中で行動にうつす、という方法です。

もちろんピンっと来なかったり、受け止められないものはスルーしていただいてOK!毎日、活用・実践して頂かなくても大丈夫です。

ちなみに、この「成長のヒント」をいくつかの会社さんでは、朝礼で読み合わせをして、

  • 気づいたこと
  • 今日、何をするのか(どう活かすか)

ということをシェアーしているところがあります。

そこは、すっごく前向きなスタッフが多く、良い会社(チーム)だと思います。

しかし、中には・・・

とくに熱い経営者の方で、そんな成長する組織(チーム)に憧れて、スタッフに毎日読むことを強制している方がいるようです。

ご登録していただけるのは大変、ありがたいお話なのですが・・・。

ひとつだけ、お伝えするのであれば「成長のヒント」は小学生から人生の大先輩(私が確認できているのは86歳の方です)まで年齢も職業も幅広く、ご愛読いただいていますが、何かを求める心がない方(成長意欲が不足されている方)には内容が厳しいと感じたり、反発することも多いと思います。

もっと正直に、お話しすると・・・

「成長のヒント」をお渡しする方ご自身と、周りの方々との普段の関わり方、そして、なにより信頼関係の方がはるかに大きいと思います。

(ちなみに、親子関係でも一緒です)

自身が良かったと感じて「コレを読んで、変わって欲しい!」と念を込めて渡しても、むしろ逆効果です。

成長のヒントに期待されても万能ではありませんので、あしからず。

Q.2

ご質問したことがあるのですが、
ご迷惑ではないでしょうか?

ほぼ毎日、温かい感想のメールや成長のヒントのご質問、そして個人的なご相談も届きます。

いただいたメールには 一通一通すべて、真剣に目を通しています。

時間などの制約の都合上、すべてに直接、お返事することはできませんが、特に、いただいたご質問に関しては2~3日以内の「成長のヒント」にそのご返答のエッセンスを盛り込んで、お届けするようにしています。

ひとりひとりの状況は違いますが、みんな潜在意識や無意識の深いところでつながっていて、ホント不思議なことに、みなさん、どこかで、同じようなテーマと向き合っていたりします。

ですから、この成長のヒントを配信していてよくお聞きするのは、

「いつも自分のタイミングにぴったりです」
「どこかで、小田さん、私のこと見ているの!?って思いました(笑)」
「なぜか、ちょうど悩んでいたことの答えが届くんです」

というようなことです。

誤解されないとは思いますが、決して「ほら、私(小田)ってスゴイでしょ!」というような自慢をしたいのではありません。

いただいたメールはすべて、天からのメッセージであり、そのお役目として、「成長のヒント」をお届けしている結果なのだと受け止めています。
みなさんの詳しいご事情はわかりませんが、誰だって、いろいろな課題(テーマ)を抱えているものです。

毎日、受け取ってくださる方、ひとりひとりに寄り添うような気持ちで少しでも何かのヒントになっていただけますように・・・と、祈りながら日々お届けしています。

ですので、ご質問などのメールをいただくのはまったく迷惑ではありません。

いただいた内容を踏まえて、みなさんに、お役立ちになるようなヒントをお送りしたいと思っています。

企業様でのご活用事例企業様でのご活用事例

電子部品メーカー

活用の背景

私たちは感性豊かな人づくりを目的として、全国の社員が集まり、元気が出る講演をメインとしたフォーラムを年に一度開催しています。

回を重ねていくうちに社員からこんな声がありました。

フォーラムは年に一度。確かに元気をもらえるんだけど、この日は仕事をしている日とは違う特別な日。日常とはつながらない非日常。フォーラム直後は自分も何か動き出そうと前向きな気持ちになるが、時間が経つと忘れてしまう...。

そこでスタッフは、年に一度のフォーラムだけでなく、普段からいいものに触れること。日頃の種まきと土壌づくりを考え始めました。

ちょうどその頃「成長のヒント」との出逢い小田さんとの出逢いがあり、 これだ!と、ピーンときました。

どのように活用しているか

1) 成長のヒントを朝礼で輪読

いい言葉の習慣がいい心構えをつくる。

日頃から感性を磨いておくことが大切だと考え、「成長のヒント」を1ページに1日分ずつ掲載した冊子をつくり各職場に配布。

冊子の名称は「月刊どぜう通信」としドジョウのイラストを加えました。

(土壌づくり ⇒ どじょう ⇒ どぜう)

朝礼の最後に「今日の成長のヒント」として、日々のヒントを(2回)読み上げ、読み上げた人が、感じたことをコメントする。

成長のヒントといういい言葉との出逢いを通じて毎朝、分かち合い、一人ひとりが自分と対話する。そんなことを始めました。

2) オープニングムービーに成長のヒントを引用

年度毎のフォーラムのコンセプトメッセージと朝礼で輪読した成長のヒントを、音楽(コブクロ)と映像(社員の写真など)に載せたムービーを作成。

何かが始まりそうなワクワク感と日々の輪読の振り返り、両面を併せ持つオープニングムービーとして「成長のヒント」を引用しました。

どんな変化があったか

朝礼に関する社員の声(抜粋)

一言コメントの前に「成長のヒント」を輪読することで、周りの社員から、前向きなコメントが多く出るようになった。

結果として、朝礼全体が明るい雰囲気になりました。朝礼で輪読している「成長のヒント」に日々元気と勇気を貰っています。

営業/外回りでお客さんに叱られて帰ってきたとき、デスクに戻ると「成長のヒント」で凹んでいた気持ちが元気になり、頑張ろうと思えるようになった。

ムービーへのコメント(抜粋)

朝礼で輪読している「成長のヒント」がじっくりと写し出され、改めて心に染み入る感覚を持てました。

過去を振り返って新たな感動を受けた、毎日の「成長のヒント」とのつながりを表現されてよかったと思います。

毎朝聴いている「成長のヒント」をオープニング映像で再確認し、改めて考えさせられた。

映像と一緒に「成長のヒント」があり、朝の輪読にも増して心に響き感動しました。

どんな変化があったか/海外編

中国や香港に出向している日本人スタッフにも同じように「成長のヒント」を送りました。

すると現地の日本人スタッフが「これは いい!」と成長のヒントの中国語バージョンの冊子をつくり、現地のローカルスタッフ中国人や香港人も同じように朝礼で「成長のヒント」を輪読し、コメントすることが始まりました。

ローカルスタッフにとって成長のヒントは、日本のことを学べる考え方を学べると大変好評でみんな一所懸命。

現地で働く日本人も中国、香港の現地スタッフも成長のヒントとの対話をするようになりました。

成長のヒントのサンプル成長のヒントのサンプル

人の心は池のようなもの

そこに「不安の石」を投げ入れたら、
不安の波紋が、周りにますます広がっていく

逆に「感謝の石」を投げ入れたら、
感謝の波紋が、周りにどんどん広がっていく

石とは、「意志」のこと

まずは、落ち着いて、心の池を静める
そして、どんな石(意志)を投げ込むかで、周りは変わっていく

「後向きの石」or「前向きの石」
「不満の石」or「積極の石」
「わがままの石」or「思いやりの石」

同じ石(意志)を投げている者同士が波長があっていき さらに、人から人へと大きな波紋を広げていく

あなたの光に触れる全ての人たちが
幸せと豊かさに包まれ

その光の波が世界の果てまで広がることを
心から祈っています。

小田真嘉

1年間応援させていただいた方々の成長の声1年間応援させていただいた方々の成長の声

男性

「ソウルスイッチ」というファイルをつくって、小田さんに送っていただいている言葉を中心に、心に残った言葉を書き留めています。

小田さんから教えていただいた言葉からたくさんのヒント、気づきをいただき、助けていただいています。

そして、最近は「この言葉は○○○さんにプレゼントすると喜んでもらえそうだな」などと考えながら、カードに書き写して渡したりしています。

言葉というのはホントにスゴイパワーを持っていますよね。自分自身も、これまでたくさん助けられていますし、周りの人を楽にしてあげることや、元気にしてあげることも出来ます。

お店のスタッフ(店長をしています)にもアウトプットして、共感してくれる人が少しずつ現れ・・・届いていないかなぁと思っていても、思わぬところで声をかけてもらったり・・・届いてたんだってうれしくなったりしています。

女性

状況的には特に大きく変るわけではありませんが、心境的には本当に大きく変化しています。

そして、その変化は成長です。

特にこの1年間はとても大きな成長があったようです。自分よりも周囲がそう言ってくれます。

わたしは小さい頃から自律神経失調症で、感情の起伏が荒く、会社でも機嫌の悪いときは周囲が気を使うほど悪い空気を平気で出していました。

経験もないのに完璧主義だったり横柄な態度も、自分でもよくわかる分、辛いと思いながらもどうしても変化できない苦しさに悩んできました。

それがこの1年で毎朝一言、様々な新しい前向きな言葉をいただき、自分も心に刻み、考え方のベクトルをぶれないようにすることで、今は、毎日笑顔がベースで肩の力の抜けた日々を送ることができるようになりました。

興味が自分の正当化から少しずつ抜けていくことで、仕事にもいい影響が出て、残業もググッと減りました。

また、今の仕事環境ではなく、もっと自分の心からやりたいと思う仕事に興味を出して進んでいきたいと強く思うようになりました。

こんなに素晴らしい変化は毎年変わる変化と比べ物になりません。

本当に感謝いたします。ありがとうございました。

これからもどうぞ沢山の言葉で、多くの人の風見鶏になってください。わたしも人に喜んでもらえる仕事ができるようになり、人にも地球にもうれしい存在に成長していきたいと思います。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

小田さんが益々光輝きますように、お祈り申し上げます。

女性

私にとって、このコトバを読んで苦しいときもつらいときもさわやかな朝を迎えたときも乗り越えてきました。

いつもなら立ち直れないときも、マイナス思考なときも、少しプラスに考えることができました。

今まさに毎日涙が止まらない日々を過ごしていますが、何とか乗り切ろうとしています。これからもよろしくお願いいたします。

女性

成長法則の本を購入して、自分でも驚くほどのスピードで、興奮しながらこの本を読んだことを覚えています。

それまで、私は「自分を知る」ことを、どこかで避けていたというか、自分なんて分かるはずがない!と決め付けていたところがあったのですが、真剣に向きあってみよう。向き合いたい。と思うきっかけとなった本のような気がいたします。

そして、この一年、私なりに自分と向き合ってきたと思えます。

こうなりたいという願望はあっても、いつも達成できずにいた自分とか、前向きに生きるという考え方をしたいと思いつつ、どこかばかばかしいと思う自分とか、そんな風に頑張ろうとすれば、必ずそこから逃げようとするもう一人の自分がいて、私はずっとそれを受け入れずに背けてきていたんですね。

でも、今は徐々にですが、今、やれることに意識を向けるようにしていますし、困った時も、すべて今の私には必然なことなんだ、と受け入れて考えられるようになってきたのかなと感じられます。

これは小さなことかもしれませんが、私の中では、今までで一番と言っていいほど大きな変化だと感じています。

大事なのは、どんな小さなことでも昨日とは違う自分に気づけること。

(中略)

特に、自分の中の今ままでと変わらない物の見方をしているときや、すごく極端な思い込みをしているなと気づけた時、この気づきが自分を変えるチャンスなのかもと思うと、それだけで嬉しかったですね。

女性

この一年は、今までにもまして変化の多い一年でした。

一見大変で、アクシデントに見えてしまいますが、きちんと見つめ、対処していくことで、結果的に自分の成長に繋がったと思います。

そして、そのときにはわからないのですが、私を取り巻く状況は、必要のないものが削ぎ落とされ、より過ごしやすくなっています。

2年間応援させていただいた方々の成長の声2年間応援させていただいた方々の成長の声

男性

いつも素晴らしいメッセージを、有難うございます。

本当に参考になるとともに、明るく、楽しく、前向きな人生を公私共々送ることが出来てます。

毎日送付頂くメッセージを集計して部下や友人に送らせて頂いてます。

(現在710メッセージたまりました!!)

現在のようなストレス社会におきましては、メンタルヘルスの重要性が必須だと思います。そして、常に発する言葉の力は本当に重要だと思っています。

男性

変化…はっきり言ってこの1年間の変化はすごかったです。

錬金術的な変化をとげております。

今年42歳を迎えますが、こんなに変化をとげている私は今までにありません。

そして今もすごい勢いで変化しております。ときどき自分の変化に自分自身がついていけず、クラクラすることがあります。

(自分の変化についていけないって変ですかね?(笑))

自分でも信じられないのですが、どこでどうなったのか?(笑)

自分の夢を叶えているんです。(もちろん進行形です!)

両手を挙げてバンザイ!バンザイ!としたい気持ちもあるのですが、私の悪い癖がでて、恐れを感じている自分がいます。

そんな時に、2年前に買った小田さんの『成長の法則』を久しぶりに読み返したくなり、ちょうど読み返しているところでした。
その中で『私は私らしく、自分のできることをやって自分の居場所をつくればいい!』という力強い行を見つけ、恐れを一蹴するようにしています。

いまさらながら本当に素敵な本をありがとうございます。

女性

早いもので、今日で、小田様からの「成長のヒント」のありがたい言葉をいただくのが、ちょうど2年になるのですね。

私は、5年ほど前から、うつ病を患っています。2年半ほど前に、弟から、小田様のことを教えてもらいました。

それから、「成長のヒント」を、第1番から、毎日ノートに書き写しています。嬉しいことに、ノートは、2冊目の真ん中くらいまでになりました。この2冊のノートは、お金では買えない私の大切な宝物です。

小田様のおかげで、私は、生きる光を見出すことができました。

今では、○○○というサークルを通して、活動的に動けるようになり、笑顔も増え、幸せな毎日を送らせていただいています。

今日も、人生に悩む友人に、書きためた大切な小田様からのメッセージの中から、友人に今一番必要なフレーズを私なりに選ばせていただき、メールで贈りました。

友人が、小田様からのメッセージに感動し、前向きになり、心が楽になったという感謝のメールを、先ほどもらったばかりです。

女性

このメールを読むようになって、いろんなことを考えるようになり、一昨年は、いろんなことにチャレンジしました。

チャレンジすることで、やりたいことが少し見えてきて、昨年は、そのやりたいことに集中していました。

やりたいことの成果より、自分の気持ちの変化が大きかったです。自分の心を深く見つめたことにより、自分の心にとらわれない、振りまわれなくなりました。

コントロールというより、心のままにという感じです。動くことで、心が変わり、心が変わることで、行動がかわり、環境が変わっていきました。

今までなら、きっと出会うことのない人とであったり、今までなら、行くことのない場所に行ったり。

自分では「ほんの少し前に出た」だけなのですが、大きな変化が起こったようです。

今年一年も、どんな変化があるのか楽しみです。

女性

もう2年も配信して頂いてるなんて、びっくりします。

特に心に響いた言葉は紙に書いて張ってあります。

主人と一品料理屋を経営しておりますが、この厳しい状況にあっても、足を運んで下さるお客様のお陰で何とか食べております。

この1年の変化は感謝する気持ちを持てた事、これに尽きると思います。

今までは感謝してる気になっただけ、心底から感謝していなかったんだなぁと感じます。

そのお陰か周りに起きる事も最悪の事態を避ける事ができ、少しづつ良い方向へ向かっているように思います。

お問い合わせ無料メールレター「成長のヒント」

※そのお名前で、気持ちを込めてお送りいたします。

プライバシーポリシーに同意の上、お問い合わせください。